現金をあげる場合|出産内祝いを選ぶときに気を付けるべきこと

現金をあげる場合

ベイビー

いくらがいいのか

現金を出産祝いとして贈る場合は、4、6、9の数字は避けるようにするのが無難です。そして、息子や娘の場合は5から10万円、孫なら1万円、兄弟姉妹なら1万円から5万円が妥当な金額となっています。また、年齢によって金額が異なります。

上司や部下なら

親族に贈るとなると高額な金額になってしまいがちですが、上司や同僚、部下であれば5000円、取引先などは3000円となっています。あまりにも多く入れすぎると返って気を使わせることになってしまうので、目安を覚えておきましょう。

現金を手渡しするには

現金を入れるためののしは、赤ちゃんが生まれてから7日を経過している場合、白と赤で蝶結びになっているものが適切とされています。そして、出産祝いとして渡すのなら、御祝、御出産祝、御出産御祝と買いておくといいでしょう。

広告募集中